Entries

スポンサーサイト

フランスWWOOFの暮らし。その5 人生の楽園

フランス人のエリザ。職業は、不明。ここで働いているWWOOFerたちは、大多数が23、4歳から30歳までの若者だ。中には46歳というツワモノもいる。国籍はフランスが大半だが、温かい気候と食事を求めて、イギリスからの来訪者も多い。WWOOFはフランスの若者たちにとって、余暇の過ごし方としてだんだんと一般的化しているらしい。なぜなら、フランスも現在、他のヨーロッパ諸国と違わず、大不況の真っ只中で、若者の失業率は、...

フランスWWOOFの暮らし。その2 WWOOF登録について

WWOOFをしたい、と思ったとき、まず最初にするべき事は、WWOOFer登録。WWOOFの情報を日本語で一番多く得られるのは「WWOOFジャパン」のサイトです。ただし、すでに行きたい国がはっきり決まっていて、なおかつその国の言語をある程度理解できる場合、WWOOFジャパンに登録するより、各国のWWOOF組織(フランスならWWOOF France、イギリスだったらWWOOF UK)に登録するのが一番てっとりばやいです。(情報量が違いますし、なにより...

フランスWWOOFの暮らし。その1 はじめに

昨年の9月、南フランスの農場にて、WWOOFをしてきました。WWOOF(ウーフ)とは、world wide opportunity of organic farm の略。簡単にいえば、世界中にある登録農家の中から自分の行きたい場所を選び、農作業を手伝う代わりに、3食と寝場所を提供される、というもの。私が行ったのは、南仏ニースから電車で3時間、フランスとイタリアの国境に位置する人口400人の村“la brigue”のはずれにある、小さなコミュニティ・ファームでした...

Appendix

About me

小野美由紀

Author:小野美由紀
こちらにブログ移行しました→http://onomiyuki.com/

慶應大学仏文学科2010卒。
学生時代は「深夜特急」に憧れ世界一周22カ国等海外でフラフラ。一番の思い出はスペイン巡礼。
NPOカタリバ学生職員、道塾を経、現在はフリーライター。
「まれびとハウス」でのんびり料理する日々。
WEBサイトのライティングや仏語翻訳も請負います。
いつか巡礼について読み物を書きたいと思っています。

Ranking

[ジャンルランキング]
独身・フリー
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
13位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。