Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabimanabi.blog110.fc2.com/tb.php/56-683d87ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バレンタインと、coffeeと、写真ワークショップ。

coffeeandcamera.jpg



今日から、今をときめく写真家・サイコカメラ(@SaikoCamera)さんの撮影のお手伝い。

2月からサービスを開始する「giftee」さんの、
バレンタインデーに合わせたキャンペーンのために、
都内数カ所のカフェを巡り、
そのお店イチオシのコーヒーを撮影する旅が始まりました。


一軒目のお店は、原宿のカフェ「streamer coffee」。

とはいえ、写真はまったくの初心者。
せっかく買った単焦点レンズもいまいち活用しきれてない私は、
「くろだめし」のくろちゃん、カメラ美少女しょうちゃんと一緒に、
一からサイコさんに写真を教えてもらう事に。


サイコさんに手取り足取りさせてしまいつつ、
「レンズ取り替える時はホコリ入んないように、できるだけ早く!」とか、
そんな所からスタート・・・。



saikosan.jpg

↑プロの顔でコーヒーを激写しまくるサイコさん。

それをアヒルの子のように追いかけて、見よう見まねで撮りまくる私たち・・・。


しかし、さすがサイコさん、教え方も上手い!


おかげで、


streamer coffee1

↑しょぼかった店内の写真が



streamer coffee2

↑どうにかそれっぽく!(中心ずれてるけど)



dounut.jpg

↑ちっとも美味しくなさそ~~~に撮られたドーナツたちも(つーか、暗すぎ)



dounut3.jpg

↑ちょっとは本来の姿になったでしょ?!




2時間のレッスンのおかげで、カメラの持ち腐れだった私の腕はメキメキあがり、


coffee.jpg

↑鑑賞に耐えうるコーヒーの写真が撮れるように。
(大したことないじゃんって思った方、元がひどかったんです・・・上達したんです。これでも。)


けれど、教えてもらった中で、一番はっとしたのは、サイコさんの哲学。

「プロは100%良い写真を追求するのが当然だけど、
一番肝心なのは、“お店のお客さんに居心地の悪い思いをさせていないかどうか。”
いい写真を撮っても、お客さんを不快にさせてお店に悪い印象を持たせてしまったら、
それはいい写真とは言えない。
結果として出来上がりが80-90%の写真になったとしても、
お店にとっていい写真とは何か?いいカメラマンって何か?を考える事が大事。」

↑この言葉が、サイコさんの一番素敵な所を表してるなーと思いました。

これって、本業のライターの仕事でも言えること。
これからは、どんな仕事でも、
(たとえクリエイティビティが最優先される仕事であっても)、
多かれ少なかれ、そうなっていくんじゃないでしょうか。


技術的にはシロウトでも、せめてこの事だけは追求したい。


明後日は大好きな「カカオ・サンパカ」の撮影に行かせていただくので、
少しでも良い写真が撮れるように、頑張ります。




DSC_0061-mini.jpg

streamer coffeeは大変いごこちの良いカフェでした。また寄りたい。



syochan.jpg

美少女、しょうちゃん。














スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabimanabi.blog110.fc2.com/tb.php/56-683d87ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

About me

小野美由紀

Author:小野美由紀
こちらにブログ移行しました→http://onomiyuki.com/

慶應大学仏文学科2010卒。
学生時代は「深夜特急」に憧れ世界一周22カ国等海外でフラフラ。一番の思い出はスペイン巡礼。
NPOカタリバ学生職員、道塾を経、現在はフリーライター。
「まれびとハウス」でのんびり料理する日々。
WEBサイトのライティングや仏語翻訳も請負います。
いつか巡礼について読み物を書きたいと思っています。

Ranking

[ジャンルランキング]
独身・フリー
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
13位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。