Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠術を学ぶメリット

続きを読む

レビュー:映画「10万年後の安全」

「10万年後の安全」を吉祥寺のバウスシアターで見た。

死にたくなるほど気が遠い、死にたくなるほど気の重い、「実話」。

フィンランドのオルキルトという小さな島に建設が始められた、原子力発電所の核燃料廃棄物の最終処理施設「オンカロ」
フィンランド語で「隠れた場所」という意味。
地下500mの深い穴を掘って、そこに放射性廃棄物を埋蔵し、再び人が入れないように封鎖し近づけないようにする。完成は、2世紀後の予定。

放射性廃棄物が完全に無害になるには10万年かかる。

それまで誰も触れてはいけない。10万年後まで何食わぬ顔でそこにあり続け、絶対に悪用されないために、多くの人に忘れられなければいけない。

つまり、10万年持ちこたえ、誰にも発見されず、忘れ去られ、10万年後の未来まで完全に無視されることがオンカロには求められている、という話。

10万年?持ちこたえる?
本当に?

どうやら現代の技術に人類は自信満々のよう。

13億年前の地層が残るフィンランドの小さな島の、地中奥深くでなら、この巨大な貯蔵庫は、あらゆる変化に耐えられると思っているのだから。

氷河期が来て、地形が変動して、それでも10万年、耐えられる施設を、我々の技術なら、きっと作れるだろうと。

地球は6万年ごとに大氷河期に襲われていて、文明は失われて、その後に再び栄えた人類に、我々は果たして言えるのだろうか?
「ここに危険物が埋まっています。触れちゃいけない。忘れなきゃいけないよ」と。

原発の作り手側である建設会社が想定しているのは、線形の未来だ。
10年後も100年後も技術はくまなく発展し、自分たちの会社は倒産もせず、核戦争も氷河期も来ず、未来は予測できる範囲内の姿をもって、我々の前に現れると。

でも。
わたしたち、すくなくとも日本人にとって、線形の未来は失われてしまった。
3月11日、あの日あの時の一秒前まで、わたしたちは、次の一秒も次の一分も次の一時間も、そして明日もあさっても一年後も、今日と同じ、直線に乗ってやってくると思っていて、でもあの時あの瞬間からわたしたち、少なくとも被災者、そして原発に近い人たちの、線形に続いてくと思っていた未来は、ぐちゃぐちゃに塗りつぶしたボールペンの線のように、いびつな円を描き続けてとどまって居る。一度そのまっすぐな行き先を失った線がどこに向かうのか、正確にすべてを知る人は、我々の中には誰もいない。

2世紀後の未来が直線に乗ってやってくる事を信じてる人は、日本だけでなく、地球上で、果たしてどれだけいるのだろうか。

そして、2世紀後、順調に我々が予測する未来がやってきて、オンカロが無事完成したとしても、そこが核燃料廃棄物でいっぱいになったとき、第二、第三のオンカロが必要になるだろう。
10万年後、最初のオンカロの廃棄物が人類に与える影響を無くす頃には、
いったい、人類はいくつの「隠された場所」を作っているのだろう。
それが、わたしは怖い。

そう。もうすでに核燃料廃棄物は大量に存在している。
次に作る原発の問題で騒ぐ前に、私達はすでに恐ろしいサッカーボールを抱えているのだ。
永遠に10万年後まで誰かが抱え続けなければいけないサッカーボールを。
できることなら未来の人類に向かって、我々は知らぬ存ぜぬのまま、遠くに遠くに蹴り飛ばしてしまいたいサッカーボール。
だけど現実のそれはそんなに軽やかじゃない、巨大な水槽の中に沈めて、管理するために何千人もの人間の手を煩わせて、すでに重く重く国を押しつぶしているお荷物だ。仕方がないから、政治というゲーム場でこづきまわして回しあっている。フィンランドがオンカロの建設に乗り出したのも、政治の上でエネルギー源の確保はお荷物を抱えてまでも達成しなければならない重要命題だから。
人間が作ったものなのに、できるだけ人間から遠ざけておきたい。おかしいね。
おかしいけれど、それを指摘する前に、「反対派、賛成派問わず、処理しなければならない目の前の問題だ」と監督は言う。
忘れてはならないのに、忘れさられなければいけない、忘れさられることが望まれるもの。
「忘れる事を忘れちゃいけない」それが廃棄物の最終処分場。

人類が原発をやめるまで、もしくは滅びるまでに、いったいあといくつ「最終」処分場が必要なんだろうね。








なにかに振り回される、ということ。

最近、苦しみというのはたいてい「何かに振り回されている状態」から生まれるのだ、ということを感じる。

恋愛ももちろんそうだし、お金とか仕事とか、現実の行為に振り回されることも多いだろうけど、
生い立ち、アイデンティティといった自分自身に振り回されている人はとても多い。

何かに振り回されているとき、
「おまえはそれに振り回されている」と言っても、
絶対にその人は認めない。

むしろ、
「いや、自分は振り回されていない。」
と意固地になってしまう。

これは自分で選んでいるんだ、とか
振り回されるのが好きだからだ、とか

自分の中でいいわけして、「振り回されていない、自分は自分だ」と言う思いを強める。

「自分は自分だ」と言っている人は、たいてい自分じゃない。

結果、振り回されている事に苦しんで
最終的には振り回している対象に、「人を振り回すな」と怒ってしまう。
けれど、振り回されているのは自分なのだ。

執着したり、振り回されることは、恐れや怯えから生まれる。
それを失うこと、奪われること、それがなくなることで自分が変わってしまうこと。
それを恐れているから、執着する。

恐れや怯えから始めた行動は、大抵、ぜったい、うまくいかない。

そのことに気づかないから、振り回されるし、執着する。

振り回されていることに、どうしても苦しさを感じてしまうときは、
「自分が振り回されている」事をいっそ、みとめてしまったほうがいい。

自分の軸がなく、相手に振り子のように振り回されている自分を想像してみる。
そうすると初めて、「あ、自分は振り回されてたんだ」と言う事に腹落ちする。
いっそ、すがすがしいほどに、自己の中心に何もなく、ただ翻弄されるだけだった自分に気づくことができる。

振り回されている自分に気づいて、そこで初めて、振り回されない自分に戻ってゆく。
振り回されていた対象を「どーでもいい」と思えることによって、初めてその対象に慈しみの情が湧いてくる、ということがある。
振り回されるのを辞めて初めて、振り回された相手を尊重することができる。
恐れや怯えを捨てたところに、より強い自分、が育つことがある。

だから、何かに振り回される事の最終到達点は、その対象を「どーでもいい」と思えることだと思う。

それを目標に、振り回されてみるのも面白い。

ただ、振り回されることが悪いことかというと、そうでもないんじゃないかな、と思う。
人は群れで生きている以上、誰かからの影響を受けずに生きることなんてできない。
たとえば、自分の最愛の家族が病気になったとして、
本当にその人を愛していたら、家族のせいで、自分は振り回された、とは思わないだろう。愛する子供の面倒を見る母親は、子どもに振り回されている、とは思わないだろう。

振り回されることで、なにかに気づくことがある。
余剰が生まれる。
自己の軸がずれることで発生する豊かさは存在する。

けっきょく、「生」というものに執着している時点で私たちは最初から振り回されている存在なのだ。
だから、振り回される事を、悪いと思わないことで、「振り回されないこと」への執着も消す事ができる。
なんとなく、それは他人への愛にも似ている気がする。

最終的に、「生」そのものをどーでもいいと思うことだけど、そこまでいくのはもうちょっと、時間がかかりそうだな。

誰かを変えようとする、という事

ちいさいころ、母と祖母が運動会などの行事に来るのが嫌で仕方なかった。

他の子のスペースには、父親と母親、カラフルなお弁当と、この日のテンションに合った、赤や青などの果実色のTシャツ、それとのとり合わせは全く考慮されなかったのであろう、同じく派手な原色で彩られたキャラクター物のレジャーシートが決まって揃っていた。

幼いわたしはそれに激しく嫉妬していたし、その嫉妬がどこから来るのかも分からないまま、他の子のスペースでごはんを食べたりして、母と祖母を悲しませた。

小学校高学年になる頃に、こうした自分の態度の意味と、その態度が母と祖母に与えた影響をようやく理解し、今度は自分を恥じた。

たぶん、その感情と、「だれかにこうなってほしい」「こう変化してほしい」と思う気持ちは一緒なのだ。

祖母と母しかいないのと、
うちのお弁当が地味なのと、
母の服装が運動会にしてはシックすぎて浮いていた事、
それらの、決して変えようにも変わるはずのない事実に反抗していた、子供の私の気持ちと。

私があの小さい私でなかったら、祖母の作るお弁当が美味しかったこと、母の服装が他の子のお母さんよりずっとお洒落であったこと、二人がわたしを応援しているまなざしに気づいただろう。

他人に変わることを願うということは、それと同じだ。

相手にとっての幸せが何かも分からず、他人を変えようとなんて、しちゃいけないのだ。
その人の、あるがままの尊さに比べたら、
誰かを変えて、幸せにしたい、というエゴなんて、光の前の、ひとひらの雪に過ぎないんだ。


あるがままでいいのだ。
そのひとの、そのひとらしさのぜんぶ、そのひとがもつもの全部、あるがままでいいのだ。
その人の、あるがままが、一番、尊いんだ。

フランスWWOOFの暮らし。その5 人生の楽園

DSC_4079.jpg
フランス人のエリザ。職業は、不明。


ここで働いているWWOOFerたちは、大多数が23、4歳から30歳までの若者だ。
中には46歳というツワモノもいる。

国籍はフランスが大半だが、温かい気候と食事を求めて、イギリスからの来訪者も多い。


WWOOFはフランスの若者たちにとって、余暇の過ごし方としてだんだんと一般的化しているらしい。

なぜなら、フランスも現在、他のヨーロッパ諸国と違わず、大不況の真っ只中で、
若者の失業率は、思わず眼を見張るほどの高さだからだ。

失業率の話題になると、必ず

「政府の発表では14%って言ってるけど、実際の調査では28%なんだ。政府は隠してるだけだ」
「いや、俺は40%だと思う」

と、あやふやな数字が口から飛び出し、失業問題について、喧々囂々、議論が始まる。

事の真偽は分からないが、この小さな農家に集まってくる若者の大半が現在定職についていないことを
考えると、40%という数字にも説得力を感じてしまう。

DSC_4087.jpg
僕達、失業中です。(一人はイギリス人)


だが。

彼らの態度を見ていると、いずれも悲観的な態度はゼロ。
気が抜けるほどお気楽だ。

農場の共同経営者のバスチャン。彼は4年前、この農場の経営を仲間と始めた第一人者だ。

「パリで2年働いたけど、あそこは人が働く場所じゃない。
確かに俺たちは金はないよ。けど、それがなんの問題なんだ?
あんな狭い街にぎゅうぎゅうに詰め込まれて、みじめったらしく働くぐらいなら、職がないほうがマシさ!」

こんなに美味しい食事にありつけて、朝は6時に起き、夜は10時に寝る。
大自然の中で一日を過ごし、仲間たちと毎晩酒を飲みながら語り合う事ができるのなら、
失業率の数字なんて、人生の中でなんの意味も持たないものなのかもしれない。

WWOOFerたちにとっては、ここは人生の途中にぽっかり空いた「失業期」という穴に、
上手いことハマる楽園なのだ。

そして、楽園を楽園たらしめているのは、フランス人の、常に楽観的な、人生に対する見方のおかげである。

スペインの言葉で、
「pan con hamon y vino,eres todos」(パンとハムとワイン、それだけで十分さ!)
というのがある。

同じように、ここの暮らしも、それだけで十分、なのかもしれない。

DSC_4125.jpg
(じゃがいものグラタンと、あたたかいミネストローネ、そして、ワイン!)


Appendix

About me

小野美由紀

Author:小野美由紀
こちらにブログ移行しました→http://onomiyuki.com/

慶應大学仏文学科2010卒。
学生時代は「深夜特急」に憧れ世界一周22カ国等海外でフラフラ。一番の思い出はスペイン巡礼。
NPOカタリバ学生職員、道塾を経、現在はフリーライター。
「まれびとハウス」でのんびり料理する日々。
WEBサイトのライティングや仏語翻訳も請負います。
いつか巡礼について読み物を書きたいと思っています。

Ranking

[ジャンルランキング]
独身・フリー
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
16位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。